ラブドールの壊れた背骨を修正する方法

ラブドールの壊れ

ラブドールの壊れた背骨を修正する最初のステップは、糸を引くパターンを決定することです。腕と脚をひもで結び、結び目を結ぶために必要な弾性の正確な長さを決定する必要があります。人形が動きすぎないように、人形を拘束するようにしてください。きれいな布またはティッシュを使用して、バインドされたバックティアの余分な接着剤を拭き取ります。また、水のしみを防ぐために人形を乾いた状態に保ちます。

ラブドール通販店

壊れた背骨を接着する前に、手足からひもを取り除く必要があります。これを行うには、緩んだ紐を取り除く必要があります。これが機能しない場合は、エラスティックをカットして再度取り付ける必要があります。それがたどる道を注意深く見てください。正しい配置を得るには、おそらく長さを少し試してみる必要があります。

次に、文字列を置き換える必要があります。ひもがTPEでできている場合は、ヘアドライヤーまたはおしぼりを使用して人形の背骨の骨折を修復するのが最善の方法です。ヘアドライヤーをお持ちでない場合は、いつでも購入して人形の接着に使用できます。ただし、姿勢に注意することを忘れないでください。人形は水平に座っている必要があります。水平位置が見つからない場合、接着剤が傷口から溢れ出し、人形の対称性を損ないます。

ラブドールの壊れた背骨を修正する方法

ひもを接着したら、人形をひもでつなぎます。ダッチワイフをひもでつなぐプロセスは、壊れた手足に接着剤を入れることを含みます。接着剤がこぼれるのを防ぐために、手足と頭を水平に保つ必要があります。不均一な配置は人形の対称性を損なうので、接着するときは注意してください。人形にぴったりの文字列を見つける前に、いくつかの異なる種類の文字列を試す必要があるかもしれません。

ラブドールの壊れた背骨を修正する別の方法は、首と手足を切ることです。頭には面ファスナーが必要なので、首にも面ファスナーが必要です。あなたは首を覆うためにヘアドライヤーを使うことができます。皮膚が崩壊するので、皮膚を傷つけないように注意してください。本体がTPE製の場合は、頭をカットして残りの布を滑らかに見せることができます。

首を切ったら、ヘアドライヤーを使って体を接着します。首が緩んでいる場合は、おしぼりを使って傷口を覆い、人形の背骨がくっつかないように切ります。ヘアドライヤーは、ペグの手足のあるダッチワイフでは機能しません。ただし、頭や腕など、他の種類の手足でも機能します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Back To Top